浴室フロアシート施工

個人のお客様より『浴室内床の汚れが気になるので、なんとかならないか』とご相談を受け、東リから出ているバスナシリーズのフロアシートを施工してきました。工程毎に写真を撮りましたので、ご覧ください。

施工前の写真になります、経年劣化により床表面の素材が取れてしまい汚れが付き易く、汚らしく見えてしまっています。
まず初めに、電動ポリッシャーに耐水ペーパーの80番を装着し、長年使用して溜まった皮脂や石鹸カス汚れを除去していきます。
除去完了後、水に強いパテを使い、床の凹凸を無くし平らな状態にします。
床全面にパテを入れ、硬化後、余分なパテを削り取ります。
特殊な接着剤を使い、床全面に塗り広げフロアシートを圧着していきます。
こちらが施工完了後の写真です。こちらの床材は防汚・抗菌・水捌けに優れ、厚みが3.5㎜とクッション性も高いので直接膝を突いても痛くありません。施工自体は1日でお引き渡し可能ですが、接着剤・コーキングの関係でお引き渡し後、24時間はご使用できません。
浴室ユニットは部分交換が出来ない為、この施工方法はなるべく安価で納めたいお客様に大変喜ばれるサービスになります。この様な案件でお困りの際は、是非一度当社へご相談ください。