ビジネスホテル浴室修繕

熊本市内にあるビジネスホテル様から、数年前に他社さんに浴室リメイクをして貰ったが、ダメージが酷いのでなんとかして欲しいとのご依頼が入りました。今回は30室直してきましたので、その中から一部抜粋してお見せしたいと思います。

これらの写真が施工前になります。この状態ではお客様にお部屋を売りたくても売る事が出来ません。 前の投稿で記載させて頂きましたが、下地作りで手を抜くとこの様な状態になってしまいます。こうなってしまわない様にしっかりした下地作り、専門的な知識が必要になります。
今回の補修内容は浴槽内部・洗面ボウル内部・壁一面・洗い場床になります

まずは工具を使って不要な塗膜を除去します。綺麗に除去が出来たら、ポリッシャーを使ってサンディングです。
パテを使い綺麗に成形します。下地が出来たら、養生をして吹き付け作業です。
壁一面にはパロアさんの商材、コンフォートパネルを貼ります。このパネルは防水性に優れカッターで加工可能なので、とても使い易いです。専用の両面テープとボンドを使い貼っていきます。
しっかりとパネルを圧着したら手すりを取り付け、パネルの四方にコーキングを打ちます。内側に水が入らないようにしてあげれば、パネルが剥がれる事はありません。
次に床を貼りましょう。こちらは東リさんの商材、バスナリアルデザインです。こちらも防水・防カビに優れていて加工がしやすく大変良い商材です。便器を外して施工をしたので仕上がりが綺麗です。
便器を付ける前にコーキングを打って水が中に入らないようにします。
最後の仕上げに自社製品のガラスコーティング剤を塗布します。ガラスコーティング剤の中に抗菌剤を複合させる事が可能で、今の時代のニーズに合った商材です。
 
完成写真になります。見違えましたね。この仕上がりでしたら、お客様に自信を持って売って頂く事が出来ると思います。ホテル支配人様も大変喜んでくださいました。
今回の様な事例でお困りの方やこれから浴室リメイクをお考えの方は是非、一度弊社へご連絡ください。